湘南スポーツ整体院 兵庫 [太田整体院 芦屋川]  院長 太田和幸によるコラム

整体

座り過ぎは危険!

  コロナの影響で自宅でのテレワーク、または近年長時間化しているPCのデスクワーク。それが原因かと思われる肩こり、首こり、腕の痛み、運動はしていないのに起きる腰痛、股関節痛、膝痛などに悩まされている方が大変多くなっています。
 スポーツもやっていないのに何故?
運動していなくても座っているだけでも体幹部を支えるインナーマッスルは固まってしまい血行が悪くなりやがて痛みを生じます。その代表的な筋肉が腸腰筋です。
 腸腰筋は大腰筋と腸骨筋を合わせた名称です。大腰筋は胸椎の12番から腰椎そして腸骨筋と合流して大腿骨の小転子まで繋がっています。腸骨筋は腸骨の内側をほぼ全域に亘って広がっています。
これらの総称、腸腰筋は上半身と下半身を直接繋いでいる唯一の筋肉です。
 したがって座る姿勢が長時間になればなるほど、折り曲げられたまま、圧迫され凝り固まってしまいます。
個人差はありますがかなりの痛みになることもかなりあります。
大体は軽い運動で楽になるのでがそれでも解消しない場合は施術が必要だと思います。
 
当院ではこの腸腰筋の疲労が原因の腰痛、股関節痛、膝痛、脚痛やむくみを軽くしていく「つるた療法」の手当てを実践しています。

「つるた療法」は神奈川県茅ヶ崎市の湘南スポーツ整体院院長の鶴田登先生が独自に編み出した手技です。安全にかつ奥深いところまで手当てして患部を優しく緩めていくことができます。

⑵ 心も体も、百人いれば百通り!
 スポーツをやればやるだけ体にいいかと言えばそうではありません。あくまで健康を考えるならば、他人と比べないこと競わないことです。自分の体は自分のものです。あぁ心地よいなぁと思うくらいの運動でちょうどいいと思います。
 当院の施術も同様です。お客様のお悩みは千差万別!マニュアル通りにはいかないことも多々あります。そこで十分にお話しをお伺いして、こちらの施術内容も図や模型を用いながら説明し、納得して頂いてからその方にとって最適の施術をするように心がけています。

-整体

© 2020 湘南スポーツ整体院 兵庫 [太田整体院]